So-net無料ブログ作成
検索選択

あの群態

社会的包摂が崩壊してしまっているんです。
あなたは頭がある程度いいんです。それに対するプライドもあるし。
孤独があなたを行動へと促した。ひとりでもそばに手を差し伸べてくれる人がいたらこんなことにならなかったと思う。

でも、言ってることは、TVの水戸黄門の世界に近くなってしまってるでしょ。朱子学?なに?それ?ですよ。わざわざ勧善懲悪の物語にしなくてもわかってる人はちゃんと評価してくれてるはずだったんだけど、それが信じられなくなって「もうがまんができない」というわけですよね。

「中は即ち誠なり」です。こちらから見ればけわしい峰だけど、横からみたらだらだらと続く嶺、尾根になる。ひとつのものです。庸だからこそ中を得る。日々誠実に自分の職務を忠実にこなしていることで突然の危機に対応できるのです。

「本来の任務をはたせないでいる者を見捨てていいのか、このままでは日本はダメになる」は私も心にジンときました。でも、そのことをあげつらって相手の非をとがめても一般性は持てない。見ている人は見ているんだから。

たしかにあの時独立に出動命令をだせれば、もっと犠牲は少なくてよかったかもしれない。お隣の国の最近の事例をみれば、そうでもないかもしれない。
あなたの一連の発言で明らかになってるけど、もうあなたたちが民衆のためにあるなどと誤解するものは誰もいなくなった。

敵のために用意しているはずの銃は、いつも同胞に向けられる。


引用;「朱子語類」抄,三浦國雄,講談社,2008.10.10.
社会的包摂の崩壊が「孤独な勘違い」を生む!!,宮台真司,アキバ通り魔事件をどう読むか!?,洋泉社,2008.8.29.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。