So-net無料ブログ作成

あの馬遜

あなたは騙されているんじゃないんですか?あんなやつがあなたの本を読んでいるわけがないじゃないですか。読んでもいないのに適当なことばでごまかして、「今年は著者の当たり年らしく、半年もたってないのに、もう5冊目になる。しかしこの本は著者が毎日更新しているブログの記事の二番煎じでしかない」なんて、一ページでも読めば題名だけが同じで内容はまるっきり違うことがすぐわかるはずなのに、見当違いのコメントをしている。著者の本を読む前に参考にしようとしている人の気をそぐためにやっているとしたら、悪意とすればそうとうなものだけど、それほど芯があるような人間ではないようですね。ちょっと気の利いたことを言って自己顕示欲を満たそうとしているチンピラなんでしょうね。人を馬鹿にして喜んでいるだけ。「作者一流のひねりの効いたレトリックと滲み出る薀蓄話を楽しんだのだが、」なんてどこで覚えたのか知らない紋切りコトバに騙されるなんて、あなたはなんてお人好しなんだ。まあ、そこが好きなんだけどもね。

うわ、そこまで言いますか。
あなたは根っからの教育者だと思ってたんだけど、そうじゃなかったのか。
自分が発したことばは全部自分に返ってくるわけですから、あんな詐欺師まがいの自分の言動にずっと気がつかないままで世間をなめてるような生活をしていたら、いつかどこかでひどいしっぺ返しを食らうに決まってますけど、そこまで言いますか。「私は自分の読者(生徒)じゃない人には、それほど親切じゃない」と。それもそうです。
たしかに言ってもわからない人が増えてますからね。
「縁なき衆生は度し難し」ってのも確かに傲慢といえば傲慢だけど、お節介なんて自己満足に過ぎないし、ヒトにかかわって自分の欲望を満足させるなんて最低なわけだし、その人にはその人の人生があるわけだから、ちゃんとセットでみんなが経験することは経験していてその人なりに完結してるんでしょうね。
あなたの学者モードの鋭いつっこみや実作者モードの強迫的な放言がそのニヒリズムの上にあるのだとしたらやはりすごいです。惚れ直しました。

ニヒリズムじゃない?いやいや。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。