So-net無料ブログ作成

あの駱駝

夢を見た。
ある朝遅く、どこかの首都で眼が覚めると、栄光の頂点にもいず、大きな褐色のカブト虫にもなってはいないけれど、くっきりした輪郭が輝いている空間から押し出されるように抜け出し、汗まみれの体を薄いシーツにくるんだ緑色の幼虫は、まるまって、夢の断片を口の中でいまだ咀嚼している自分自身を発見する。

それは始め深く青い海のようにみえた。青みがかったもやのようなものがたちこめ、その上にただよう若い魂たちは、自分たちの体全体が引き込まれてしまいそうになるその恐怖感で心底ふるえあがる。しかしそのうち、生き物の姿が見あたらないため、遠近感がつかめないことに気がつく。海の匂いもない。人工的なものなのだ。試しに漬かってみれば数Cmといった極浅の海。この海の青さは映画の背景のようにCGで描かれたものなのだろう。いまでは作者が経験で得た現実の切れ端がひとかけらも含まれていないチャチな看板絵にしかみえなくなっている。

かたや海千山千の悪魔といっていいほどの男が海を見下ろす山の頂上で微笑んでいる。

この対比はあまりに苦しく、イギリス人の言う"Between devils and deep blue sea"から連想して浮かんできたであろう夢の、口の中にまだ残る苦い味は、その間で苦しんでいるものたちに回答を迫る至上のものの存在をかなたに追いやってしまうほどだ。自分の境遇に納得してしまって、何も試みないうちにパニックになって「カナヅチだから溺れる」とヒステリックに叫んでいる、いつまでも無実で幼い者たち。膝下までしかない浅瀬なのにまるで大洪水に襲われたかのように自分をみなして。試合にならない。

国際原子力機関は、イランにウラン濃縮停止を求める決議を行った。
核兵器開発疑惑解消に向けて、さらなる情報開示を同国に求めるひとたちは海のように深く青い意見をぶつける。
かたやイランの核施設攻撃を年内にも決断するという悪魔は、準備万端整って、待ち時間でするどい爪の手入れをしている。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。