So-net無料ブログ作成
検索選択

あの船影

自分の叫び声で目が覚めた。
凄まじい咆哮が海上をゆるがしている。海は毎日人を飲み込む。
顔の真ん中に目がひとつしかない妖怪。何千本もの触手をぼくの体にのばしてくる。冷静な生き物はどこまでも追いかけてくる。

いつも強者の側につき、弱者を裏切る典型的な機構に身をまかせるものもいた。
彼らが生きていくためには、しかたないことなのだろう。
彼らと別れ、ぼくは小さな船に乗り出国した。戦いと希望のメッセージを携えて。

バティスタと戦いバティスタになりかわったあの男は、従順な者たちを支配下においた。反抗は死だった。いま死に近づいたあの男は、ぼくたちから逃げ切ることができるのだろうか。

夜空を、かすかな光をひいて星が落ちていく。

巨大な軟体動物の影が闇の中から突如現れ、小さな生き物たちをけちらかす。

ぼくのメッセージは敗北のメッセージであってはならない。


引用;『ハバナへの旅』,レイナルド・アレナス,現代企画室,2001.3.5


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。