So-net無料ブログ作成

あの相談

はっきり言って私にはあなたを救おうという気はちっともありません。
結論を先に申します。
今のあなたが○○さんに好かれることはないでしょう。
なにかのすれ違いが二人の間にあることは、あなたにもうすうすわかっています。
彼女が作ったギョーザを食べたとたんに気分が悪くなったのも、そういうことが根本にあるのです。
検査してもはっきりしたことはたぶんわからないでしょう。

お察しのとおり、過去のことではありません。現在の関係の中から出ていることです。
ちょっと考えればわかることなのに、どうしてあなたはそのことに気がつけないのでしょう?

あなたが職場の人間関係に傷ついて、いままで蜜月関係だった人と別れて自分に対応しうる人間を求め彼女にたどりつく。そして、恋人になろうと努力しても彼女があなたに友人としての顔しかみせてくれないことに不満を持つ。

ね、ここまで言えば賢明なあなたにはわかるでしょう?とても重たいものをあなたは彼女に押し付けているんです。

もっと彼女を信じて、彼女をそのままの姿で見ましょうよ。
汚い部分がいろいろ見えてきて幻滅するかもしれないけど、そういうことがあって初めてあなたと彼女は友人以上の関係になれると思うよ。キツイようですけど、そういうことです。


あの美馬

昔は夜馬に乗るのが好きだったよ。

どこまでもまっすぐ続く道を馬に乗って走っていると、ときおり馬の気がそれるのがわかる。そこにはなにかあるんだろうね。寄り道してそのあたりを見回っても、いまは何もないのがわかる。

そうなんだ。無抵抗な者たちを自分たちの圧倒的な武力で服従させる。精神年齢12歳の者たちに自分たちの文化を押し付ける。断じて許せない卑劣な行為と言う人もいるだろう。政権が変わったからといって、いまさら謝罪されても仕方がないと言う人もいるだろう。過去の問題じゃなくて、現在の自分たちの問題として、逆にいま自分たちがやってる同じような卑劣な行為を反省する人もいるだろう。加害者には見えないものなんだ。

夜の砂漠で何にも縛られずに馬に乗っていれば感じることがあるんだよ。馬にはそれが見えているんだ。

うん、おやすみ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。