So-net無料ブログ作成

あの法源

そう、ひとこと多いってよく言われるよ。
このあいだのあれも、オレは、「人の命は我にあり、天にあらず」ってことを言いたかっただけなんだ。他意はない。

まぁ、あとですぐに謝るようなことは最初から言うなってことだよな。
懺悔して、許されるなんて思ってないけど、言ッちゃったことはしかたないだろ。
そういうふうに心の中で思ってることをすぐに表に出すのはオレの性格だからしかたない。まぁ、言い方を考えればいいというわけでもないと思う。
あちらこちらの顔色を窺いながら、自分のほんとうに言いたいことを隠してるなんてことやってるとマズいことになるよ。グダグダと実のないおしゃべりしてるまに、事態は動いてとんでもないところに進んでしまう。

機をみて断行する勇を持つべし、だよ。
あなたたちは、見るべき相手を見ていない。
あいも変らない追随外交だとか言ってるけど、パートナーが今までどおりつきあってくれるわけがないことは言われなくてもわかっている。
あっちの次のリーダーも決まったし、まわりの情勢も変ったから、こちらが援助しようと言ってもみかえりは期待できないよ。

みててごらんよ。
クルーグマン教授がこのあいだNY Timesに書いてただろ。
いま、××ばのアヒルが泳いでいるんだよ。
あ、放送禁止用語か。すまん。
後任が決まって退職間近の人間がやってるから、経済が機能不全に陥っているわけだ。
でも、それは次のものの登場までにやっておかなきゃいけないことなんだよ。

彼の就任は2009年1月20日だよな。
それまでにつぶすものはつぶしておく。

大きな工場が次々とつぶれる。失業者が増える。
公金が投入されても、死に体の金融機関は次々と連鎖的につぶれていく。
不況だ。
国債の売れ行きは悪化し、財政赤字は急速に拡大し財政は破綻する。
外国人投資家たちはドルを信用しなくなり、ドルは急落する。
ドルは国際備蓄通貨としての地位を失う。

あとに残るのは何だ?

次に就任する彼はゲイツ国防長官を留任したろう。
レアル・ポリティークだよ。

他の国が古臭い兵器をいくら持っててもダメだよ、役に立たない。

一番チカラを持つものがリーダーシップをとる。

オレがやろうとしてることは、そういうことを見越してやっているのさ。
現実主義者は運命と争わない。
もちろん、一度全てが壊れて、その後に再登場できるかどうかはわからないけどね。
まあ、日本が降伏したとき、ジイさんは67歳だった。
オレは今年68だ。
じゅうぶん間に合うよ。

引用;吉田茂とその時代,ジョン・ダワー,TBSブリタニカ,1981.8.5.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。