So-net無料ブログ作成
検索選択

あの悔時

小学生新聞に投書していた。
電車に乗っていて、お年寄りが杖をついて乗車してきて、目の前に立ったので、「どうぞ」と言って席を譲ろうとした。しかし、その人は「いいです」と断って立ったままだったので、席はずっと開いたままだった(車両には、他に立っている人がいたけど)。そんなに意固地にならずに素直に座わってくれたらいいのに、という文章。

その人は、別に意地を張っているわけではないだろう。
私もその障害を持っているのでよくわかるのだが、股関節の具合が悪い人は、一度座ってしまうと今度立った時、しばらく強い痛みが続く。特に電車などの低い座席に座るとてきめんなので、立ったままのほうが具合がいい。そして、そのたびごとに自分の障害の説明をしなければいけないのは辛い。だからニコニコして席を譲る人は悪魔に見える。

相手の意思を聴いて「いいです」なら、「ああ、そうですか」といってもう一度座ればいいだけなのに。

「自分がしてもらいたいことを人にしなさい」という教育なのか。
それとも、目の前に年寄りが立ったままで若い自分が座っているのは他人が見ればかっこ悪いというようなものなのか。社会が許さない?

たしかに一度そういうことがあった。説明して座ってもらったが、次の駅で乗ってきたオバさんがその少年に注意した。「あんた、杖をついたお年寄りが立っているのに、どういうこと?どんなしつけされているの?」

そして、そのたびごとに私は自分の障害を見ず知らずの他人に開示しなければいけない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。