So-net無料ブログ作成
検索選択

あの証言

A;こんにちわ、この「死人の写真高く買います」というチラシのことなんですけど。

B;うん。お客さんか、どれどれ、拝見…かわいい女の子じゃないか。

A;この子のおかげで、助かった人が何人もいるそうなんですよ。


あのうすぐらいガマのなか
村中の老若男女よりそって
配給された手榴弾(てりゅうだん)
敵の手にかかるくらいなら自決する


A;その時、3、4歳の女の子が猛烈に泣き出しました。自分の着物を破いて、その泣き声は洞窟に響き渡りました。女の子は泣きじゃくりながら、何度も「あの兵隊さんに殺されるよ、あの兵隊さんに殺されるよ」と言い続けました。

B;……

A;人々はそれに心を奪われ、われにかえりました。
まわりをとりかこんでいる外国兵よりも自分の国の兵隊さんがこわくなったのです。

B;……

A;軍隊は住民を守らない。それに気が付いたのです。

B;ありがとう。きみはわしらのやってることに賛同してくれるんだ。大事な写真のようだから、慎重に扱わせてもらいます。この子の写真を有効に使わせてもらいます。幽霊にも服が要る。住むところもいる。一緒にずっと見守ってあげる人が必要なのは当然だ。

A;いやそういうことではなく…この子はまだ生きています。わたしの写真です。何度も小さいときのことを聞かされていましたが、記憶がなかった。やっと、いま思い出すことができました。あなたはあのとき隊長さんといっしょにおられた方でしょう?

B;資源があっても開発する技術も資金もないこの地方にとって、外部からの大きな援助は必要だ。いま、わしらが大量に移住したり、わしらを守ってくれる国の基地や観光がこの地方にとって必要悪なのはわかるだろう?

A;あのとき、あなたがたが住民を追いやってあの命令をしたのですね。まだ生きていたのですね。

B;オレたちは命令していない。住民虐殺もしていない。発砲もしていない。そんなことにかまけている余裕はなかった。もっと大事な任務をはたすことで頭の中はいっぱいだった。

A;ここにいるよ。幽霊はここにいる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。