So-net無料ブログ作成
検索選択

あの妖女

準備期間中の表示が消えると同時に繰り出されるかすかな意志が、口臭となって一番身近に居る親族を悩ませた。母親譲りの移動速度が最高の期間には、自己自身の情報も追いつくことができず、鋭い線を引いて距離のある一日滞在地へと飛び移ることができる。火星の赤い岩の端に実体化したマラカイ・コンスタントは、去っていく鳥たちに腕を伸ばし、やっと追いついたデータが、故郷への複数の通路をクリアに表示しているため、時を忘れて指で鉛筆を回していた。今、すべてが自分の手の中にある。それがイカサマだとわかっていても気分は楽だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。